2019年5月1日(水)新規開院

適応障害 ADJUSTMENT DISORDER

適応障害とは

適応障害とは、新しい環境になかなか馴染むことができないことをきっかけに心身にいろんな症状がみられるようになり、それがやがて日常生活にも支障をきたしてしまうほどの状態になってしまうことを言います。

発症の原因について

同疾患の特徴ですが、発症原因がはっきりしていることが多く、ほとんどの場合は生活環境の変化です。具体的には、新しい土地や職場、学校に移る、昇進、配置転換などが発症のきっかけとなるようです。

また発症までの期間については、生活の変化や強いストレスのかかる出来事が生じてから1ヵ月以内に認められるようになると言われています。 なお適応障害の症状は、うつ病によく似ています。

ただ、うつ病とは違ってストレスの原因や出来事がはっきりしていることから、その原因を取り除くと、次第に症状は改善するようになります。

ただし、ストレスの原因から離れることが困難、あるいは回避できない状況となると、症状が慢性化してしまうこともあります。

症状について

ストレスに対する正常な感情的反応(ストレス反応)の延長線上にあるのが適応障害です。そのため健康な方がよく受けるストレス反応との違いは重症度になります。主な症状としては、抑うつ気分、不安、心配などの症状が現れるほか、普段とは異なる問題行動(遅刻、欠勤、早退、暴飲暴食など)や身体症状(不眠、食欲不振、全身倦怠感、疲れやすい など)も見られるようになります。

診療内容TREATMENT

医院名 ともこころのクリニック
診療科目 心療内科・精神科
院長 髙木 友徳
電話番号 0568-62-0556 WEB予約はこちら
初めての方は予約が必要です
住所 〒484-0084  犬山市大字犬山字南古券191−5
アクセス 犬山口駅徒歩4分、犬山駅徒歩12分
犬山市コミュニティバス(上田線/内田線)専正寺町(徒歩1分)
※駐車場26台分あり
休診日 水曜・日曜・祝日
診療時間
 9:30-13:00
15:30-19:00
▲ 14:30-18:00