2019年5月1日(水)新規開院

うつ病、双極性感情障害などの気分障害 MOOD DISORDERS

気分障害とは

気分障害とは感情障害とも呼ばれ、うつ病や双極性感情障害(躁うつ病)が代表的な疾患です

うつ病

うつ病とは

様々な理由から起きる脳の機能障害がうつ病です。精神的および肉体的なストレスが重なるなどして発症すると言われています。脳は正常に機能しないとネガティブな発想に支配され、なんて自分はダメな人間なのだろうと感じるようになります。そして普段であればなんでもないことだったとしても、よりつらく感じるなど、悪循環が起きるようになっていきます

症状としては、気分のひどい落ち込み、何事にも興味が持てなくなるといったことがあります。次第に何をするのにも億劫となっていき、やがて日常生活にも支障をきたすようになるのです。患者様の特徴としては、男性よりもやや女性に多く年代別だと若年層と中高年層の2つの年齢層に多く見受けられます。

うつ病の患者様によく見られる症状

  • 悲しく、憂うつな気分や沈んだ気分になる
  • 何事にも興味がわかず、楽しくない
  • 疲れやすく、元気がない(だるい)
  • 気力、意欲、集中力の低下を自覚する(何をするにも億劫と感じる)
  • 寝つきが悪くて、朝早く目がさめる
  • 食欲がわかない
  • 人に会いたくなくなる
  • 夕方より朝方の方が気分、体調が悪い
  • 心配事が頭から離れず、考えが堂々めぐりする
  • 失敗や悲しみ、失望から立ち直れない
  • 自分を責め、自分は価値がないと感じる など

原因について

なお原因はひとつではなく、心因性、内因性、身体因性と様々な発症要因があります。心因性からくるうつ病は、精神的な葛藤や心理的なストレスが引き金となって発症します。また内因性うつ病は、主に体質や遺伝的な原因であり、身体因性うつ病は、脳や身体の病気が原因で引き起こされるうつ病になります。

発症のしくみについて

発症の仕組みですが、うつ病は、脳の細胞同士で情報のやり取りをする神経伝達物質のセロトニンやノルアドレナリンなどの働きがうまく機能しなくなることで起きると考えられています。完全に解明されてはいませんが、多くは先天的要因や脳の機能的要因といったことが影響して、発症すると言われます。ただ、どちらにしても大きなストレスが加わった後に発病しやすくなります。

双極性感情障害(躁うつ病)

双極性感情障害とは

両極端な2つの極である、気分が落ち込む抑うつ状態と気分が高揚する躁状態を交互に繰り返すことから、躁うつ病とも呼ばれているのが双極性感情障害です。

上記のような症状は、3~6ヵ月程度続くことが多く、再発しやすいです。原因としては、うつ病と同様に環境によるストレスや、元来の遺伝的要因など、様々なものが影響していると考えられています。

躁状態、うつ状態について

なお躁状態とは、上機嫌で饒舌になり、アイデアが次から次へと湧き出ることからじっとしていられなくなることが多いです。気分が高揚し、爽快なこともあれば、イライラしやすくなることもあります。

また、本人自身が病気の自覚を持ちにくいので、なかなか自分の思考や行動を異常とは感じません。うつ状態については、うつ病の項目でも述べましたが、憂うつな気分が持続し、ひどく落ち込んだ抑うつ状態のことで、物事のすべてが億劫になっていくほか、自殺願望が出やすくなります。

躁とうつの変化時の状態

双極性感情障害では両極端の症状がみられますが、一般的にはうつ状態の期間が長いことが多く、患者さまはしばしば気分が上がることを希望されます。しかし双極性感情障害の方は「少し気分が高めの状態(軽躁状態)」を「調子の良い状態」と認識されていることがよくあります。

うつの時期(こころのガス欠)というのは躁の時期(こころの暴走)のツケを払っているような感じです。ですから双極性感情障害の治療としては躁状態にならないことが重要です。そしてご本人としては「ちょっとうつかな」というくらいで調子をキープすることが目標となります。

なお先に述べたような周期的に躁とうつの症状を繰り返している場合を双極性Ⅰ型障害、躁の期間が短く、躁症状も軽い状態とうつの症状を繰り返している場合を双極性Ⅱ型障害と分けられます。このほか、軽い躁状態と軽いうつ状態を正常な状態を挟んで繰り返す症状もありますが、この場合は気分循環性障害と診断されます。

診療内容TREATMENT

医院名 ともこころのクリニック
診療科目 心療内科・精神科
院長 髙木 友徳
電話番号 0568-62-0556 WEB予約はこちら
初めての方は予約が必要です
住所 〒484-0084  犬山市大字犬山字南古券191−5
アクセス 犬山口駅徒歩4分、犬山駅徒歩12分
犬山市コミュニティバス(上田線/内田線)専正寺町(徒歩1分)
※駐車場26台分あり
休診日 水曜・日曜・祝日
診療時間
 9:30-13:00
15:30-19:00
▲ 14:30-18:00